コエノビウム「2018」モナステーロ・ディ・ヴィトルキアーノ  伊・ラッィオ「種・トレッビアーノ、マルヴァジーア 他」G・700 B・3500(ヴィトルキアーノという町にある、78人の修道女の住む、ベネディクト修道会シトー派の修道院。 沈黙・祈祷・精進・労役の厳粛な戒律の下に労働・作業を行い、ワイン以外にチョコレート、ジャムなどを生産し販売している。 モンテファルコのジャンピエロ・ベアの勧めで、それまで量り売りしかしてなかったワインを一部ボトリングして販売することにした。 畑ではボルドー液以外の農薬は一切使わない有機農法を実践。ワイナリーでは、ブドウ圧搾時に極少量の2酸化硫黄を使うのみで、ボトリングの際には一切使用しない。 温度管理も行わず醗酵熟成させ、ノンフィルターでボトリング。ボトル売り用にはより樹齢の古い樹のブドウを使用している。 ルスクム(ルスティクム)は、ウンブリアのジャンフランコ ベアのアドバイスを受け、マセレーション(果皮浸漬)を行ったワイン。

2020年10月15日

関連する人気記事

Copyright(C) 2021 rough-river.net All Rights Reserved.