3月11日(日)      ジャズライブのお知らせ!!

Jazzライブ

(日時)3月11日()19:00~ 

ミュージックチャージ¥500

「3ステージ」

★愛田 美樹  (ジャズ ヴォーカル)

 

 演劇、ミュージカルで表現、ステージングなど様々な分野を学び、数々のステージに出演。Jazz  Vocal  Schoolでジャズの基礎を学び、都内ライブハウスの他、パーティーやイベント、大手ホテルのラウンジ等で精力的に活動を展開。舞台で得た表現力と、優く繊細な歌声が聴く人の心を温め、魅了する。

★金子 雄太(オルガニスト)

 1971年(昭和46年)生まれ。
東京都/神奈川県出身
学生時代より教会オルガニストを務める一方、ロック/フュージョンバンドでドラムやキーボードを担当し、20才で鍵盤奏者としてプロ入り。ジャズ/ブルーズ/ソウルミュージックなどを演奏するバンドに在籍し経験を積む。
1996年、渡米をきっかけにハモンドオルガン研究を本格的に始め、以後はジャズオルガン奏者としての活動が中心となる。同時期に立ち上げた自己のオルガンユニット”AQUAPIT(アクアピット)”の活動に軸足を置きつつ、アーティストサポートやプロデュース等も行う。
古来のパイプオルガンや生ピアノに加えHammond OrganやFender Rhodesなど、シンセサイザーに取って代わる一瞬前に一世を風靡した楽器陣を愛し、レコーディングやホールコンサート等では自前のハモンドB-3を一人で搬入設置する体育会系。
幼少期から染み込んだ教会音楽と、のちに憧れ学んだ黒人音楽を、日本人の感覚と視点を失わずに融合する演奏スタイルを目指している。1983年 茨城県水戸市に生まれる。

東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。NHK邦楽技能者育成会第55期修了。
3歳から12歳までクラシックピアノを横川和子氏・田中直子氏に師事。
13歳からギターを始め、次第にジャズに傾倒。一般大学入学後ジャズピアノを石田衛氏に師事。
大学生活3年目に尺八と出会い、琴古流尺八を横田鈴琥氏に師事。
東京藝術大学在学中には琴古流尺八を徳丸十盟氏、青木彰時氏、田中康盟氏に師事。
2016年横浜ジャズプロムナード・デトロイトジャズフェスティバルコンペティションにおいてファイナリストに選ばれる。
現在はジャズの尺八奏者として東京都内近郊のジャズクラブでのライブ活動を中心に学校公演や公共施設での演奏、各地でのツアーやレコーディング、作曲等精力的に活動している

 

 

2018年02月15日

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 rough-river.net All Rights Reserved.